三十路OLの陸海空マイラーな日々

関東某所で働くOLが旅行したりマイルを貯めたりするブログ

エジプト航空ビジネスクラス搭乗記

過去の写真の整理をしていたら、すごく昔にエジプトに行った時の写真が出てきた。この時は長距離だしエジプト国内でも体力使うしってことでビジネスにしたのでした。

 

今は日本から撤退してしまったけど、また今年の10月から成田便が復帰するようだし、乗る機会はそう遠くない未来にありそうです。

 

成田ではファーストクラスとビジネスクラスは優先チェックインカウンターがあり、ラウンジは中華航空のラウンジが使えました……ということはスタアラなのに成田2タミだったのでしょうか?記憶が定かではありません。

f:id:ol_miler:20170724132709j:plain

f:id:ol_miler:20170724132901j:plain

 

優先搭乗の後は、ウェルカムドリンクがあり、水平飛行に入ったらお待ちかねの食事!それなりに食べられるものだったよう記憶しています。

なお、ビジネスだけどフルフラットになるわけじゃないし、映画もオンデマンドではなくて、あんまり楽しいことはなかったです。ひたすらソリティアしてました。

f:id:ol_miler:20170724133026j:plain

f:id:ol_miler:20170724133051j:plain

そして、なぜか、おやつタイムにもみじ饅頭が配布されてビックリしたことが忘れられません。なぜハーゲンダッツでもおつまみスナックでもピーナッツでもなく、もみじ饅頭なのか。

f:id:ol_miler:20170724133111j:plain

 

カイロ空港のラウンジは2階だったんだけど、階段を上がる時もノーチェックで、ラウンジ対象者ではない人も入って来れそうでした。性善説に基づくのか!?なんて思ったけど、単に杜撰なだけではないだろうかw

f:id:ol_miler:20170724133136j:plain

 

カイロも成田も沖止めで、エンジンの所のホルスマークをじっくり見られたのはとても嬉しいことですね。

f:id:ol_miler:20170724133159j:plain

 

エジプトは、お腹さえ壊さなければ本当に本当に素晴らしい場所で、ピラミッドはもちろんのこと、王家の谷の壁面いっぱいにあるヒエログリフや考古学博物館のミイラ展示、アブシンベル神殿で見た流れ星など、忘れることができません。

 

エジプト航空スターアライアンスということはANAマイルを貯めればまた行ける、ということで、やはりまずは陸マイラー生活だな!と決意を新たにしました。

ol-miler.hatenadiary.jp

 

ご当地マンホールに注目

旅先で気になるものの一つに、ご当地マンホールがあります。

その名の通り、マンホールに、その土地に所縁のある絵柄が描かれているもの。

 

今年に入ってから訪れたところだけでも、こんなに!

f:id:ol_miler:20170715092936j:plain

f:id:ol_miler:20170715092849j:plain

 

f:id:ol_miler:20170715093028j:plain

 

f:id:ol_miler:20170715093123j:plain

 

f:id:ol_miler:20170715093250j:plain

 

f:id:ol_miler:20170715093653j:plain

 

f:id:ol_miler:20170715093845j:plain

どれもすごく個性的!

それぞれどこのマンホールかわかりますか?

 

クルーズ旅行のススメ

私がクルーズ旅行にはまったのは、遡ること十年前。

当時まだ景気がガンガン右肩上がりでイケイケドンドンだったドバイに行ってみたいと思って色々と調べてるうちに、ドバイ発着で幾つかの首長国オマーンバーレーンを回るクルーズツアーを見つけた。

f:id:ol_miler:20170709182336j:plain

今みたいに外国船の日本発着航路があるわけでもなく、クルーズといえば飛鳥のような時代で、イメージとしてはとても敷居が高く、また日本語の情報はほとんどなかったと記憶している。ただ、英語で検索したところ、掲示板もブログも出るわ出るわ。検討し始めたドバイクルーズは、イタリアのカジュアル船という所謂庶民が気軽に乗れる船だということがわかった。

※上の写真はプリンセスクルーズ@アラスカ

 

ものは試しに行ってみよう、と、さっそく予約し、エミレーツ航空で一路ドバイへ飛び、クルーズ船に乗船し、あっという間の一週間で、すっかりクルーズにはまってしまった。

f:id:ol_miler:20170709184358j:plain

 

何か良いかと人に聞かれれば、

・寝ている間に船が動き、朝起きれば次の寄港地に着いているため、移動時間のロスがない

・色々なところに行ける

・一週間同じ部屋なので、パッキングは下船時のみ

・本格的なコースディナーを含む一日三食が料金に含まれるので、食費を考えなくて良い

・マジックやミュージカルなどのエンターテイメントが毎夜楽しめる

・船の中はセキュリティチェック後なので治安の不安が少ない

・国を跨いでの航路では出入国が陸路・空路の比ではないほど楽

・日本人が少ない

・何より、トータルで考えると、かなり安い

と、挙げればキリがないほど理由があげられる。

 

f:id:ol_miler:20170709183837j:plain

 

もちろん、船でしか行けないところにも行けるのも魅力の一つだ。アラスカのグレーシャーベイ国立公園は世界遺産の一つとして知られている氷河だが、陸路で行く道はない。環境保護のため、一日で湾に入れる船の数には制限があるが、氷河を目の前にし、また崩れゆく瞬間を見る感動は、映像では得られまい。地球温暖化により氷河は年々減っているため、いつまで見られるのかはわからない。。。

 

船上で出会った人は情報の宝庫である。ある程度の年代以上の欧米人は、特に。レストランで同席した人、ジャグジーで隣り合った人、シアターで隣り合った人・・・色々な人と話をする機会があるが、「何回目のクルーズか」「今まででどこが良かったか」は、「どこから来たのか」と同様に話を広げる素晴らしい質問だとわかった。

 

「何回目のクルーズか」を掘り下げると、どのクルーズラインが良いとか、どのクルーズラインの食事がオススメだとか、リピータープログラムの詳細も教えてもらえる。

「今まででどこが良かったか」は、もちろん、自分が次に行く場所を選ぶ候補に入れるのだ。

 

f:id:ol_miler:20170709185936j:plain

かなりの確率で人々がオススメする、ベネチアからの出航シーンは、確かに本当に素晴らしいものだったし、同じくかなりの人々がオススメするアラスカのグレーシャーベイは前述の通りだ。

 

クルーズの期間は、短くて3日、長くて数ヶ月、現実的なところでは7日だ。日本から飛行機で出港地まで飛び、クルーズ船に乗るフライ&クルーズなら、飛行機の移動時間を入れて8〜10日で行ける。

平均的なサラリーマンの休暇がどれくらいかはよく知らないが、私の働く業界では年に2回の5連続休暇が取れる。前後の土日とくっつけて9日。三連休を絡めれば10日。十分にクルーズ旅行に行けるのだ。

Globe Trotter × One&Only Resortsのカクテルパーティー

銀座東急プラザのGlobe Trotterで開催されたOne&Only Resortsのコラボレーションパーティーに参加してきました。

f:id:ol_miler:20170707171225j:plain

会場は普段は立ち入りが制限されている、グローブトロッター2階のザ・クラブハウスというビスポークラウンジ。絨毯の敷かれた螺旋階段を登ります。
ここに入るのは2回目だけど、今回はビスポークグッズは仕舞われていて、普通にラウンジって感じでした。

コラボレーションパーティーということで、グローブトロッターの代表の方からの挨拶で始まり、ワンアンドオンリーリゾートの方(アジアパシフィック統括の方と、モーリシャスの支配人の方)二人によるリゾートのプレゼンテーション。

007カジノロワイヤルの撮影で使用されたというバハマのリゾートや、アイコニックな存在であるモルディブ、都市型のドバイ、そしてインド洋に浮かぶモーリシャス……

f:id:ol_miler:20170707171925j:plain


グローブトロッターを持って行くのに、ぴったりなリゾートで、良くできたコラボでした。

なお、今回はカクテルパーティーということもあり、世界ナンバーワンバーテンダーの金子道人氏のカクテルパフォーマンスもありました!メキシコのOne&Only Palmillaのラグジュアリーなイメージと綺麗な海を思わせるテキーラ入りのカクテルは、なるほどスッキリ美味しいものでした。
ピンチョスとシャンパンを片手に談笑タイムも長くあり、楽しいひと時でした。

f:id:ol_miler:20170707171650j:plain

ラウンジには、なかなかの年季が入ったグローブトロッターの展示や、

f:id:ol_miler:20170707171308j:plain

銀座店限定色のクルーズの展示もあり、すごーくテンションが上がります!!

f:id:ol_miler:20170707171345j:plain

宿泊券などがあたる抽選会は残念ながら外れてしまったけど、次はリゾートに行くのも良いなーと思った二時間でした。
次の旅行のためにもマイル貯めるぞー!!と決意を新たに、陸マイラー生活もぼちぼち進めねばです。

 

ol-miler.hatenadiary.jp

 

帰宅して、お土産袋を開けてみたら、One&Only Resortsのオリジナルポーチと、奈良萬の限定ラベルのボトルが入ってました(^^)

f:id:ol_miler:20170707171513j:plain

海外旅行の必需品Vodafone IrelandのSIMカード

SIMフリースマホが一般的になってきて、海外旅行時にはWifiルーターをレンタルするのではなく、現地のプリペイドSIMカードを買って使う人も増えてきたと思います。

 

私がここ数年使用しているのは、VodafoneアイルランドプリペイドSIMで、1日あたり2.99〜4.99ユーロで世界各国で使えるという優れもの。半年に一回くらいTop Up(チャージ)すれば繰り返し使えるので、わざわざ旅行の度に新しいSIMカードを買い直す煩わしさもありません。

 

さらに、2017年6月15日からはヨーロッパ内での海外ローミング料金が廃止になったため、ヨーロッパ内ではさらにお安く使えるようになった模様です。(※後述)

 

ローミング料金は以下の通り、docomoなどが1日千円くらいかかるのに比べるとだいぶ安いことがわかりますし、日本人が旅行に行くような国はたいてい網羅されています。なお、プランには電話・テキスト・200MB/日の通信が含まれます。

 

2.99ユーロ/日の国

Albania, Canada, Monaco, Republic of San Marino, Kosovo, Turkey, USA.

 

4.99ユーロ/日の国

Anguilla, Antigua and Barbuda, Argentina, Aruba, Australia, Barbados, Bermuda, Bonaire, Brazil, British Virgin Islands, Cayman Islands, Chile, China, Colombia, Congo, Costa Rica, Dominica (Commonwealth), Dominican Republic, Ecuador, Egypt, El Salvador, Fiji, Ghana, Grenada, Guatemala, Guyana, Haiti, Honduras, Hong Kong, India, Indonesia, Israel, Jamaica, Japan, Kenya, Lesotho, Macedonia, Mexico, Montserrat, Morocco, Mozambique, Nauru, Netherlands Antilles, New Zealand, Nicaragua, Panama, Papua New Guinea, Paraguay, Peru, Puerto Rico, Qatar, Russia, Samoa, Serbia, Singapore, South Africa, St Lucia, St Vincent & the Grenadines, Tanzania, Thailand, Tonga, Trinidad and Tobago, Turks and Caicos Islands, United Arab Emirates, Uruguay, Vanuatu, Virgin Islands (US)

 

Vodafone.ieのWebサイトによると、From June 15 all PAYG Mobile Broadband customers will be able to use their full domestic allowance of data when roaming in Europe at no extra cost.

とあるので、ヨーロッパ圏内はアイルランドの国内料金(Pay as you go 従量制)に準じて使用できるようです。去年ヨーロッパに行った時は2.99ユーロ/日でしたが、下の表を見るとそれよりも安くなりそうですね。

f:id:ol_miler:20170702181528p:plain

 

肝心のSIMカードはどこで手に入れるかというと、アイルランドに行くか、ebayなどの国際的な通販サイトで購入するのが良いようです。

私もebayアイルランド人から買いましたが、購入後一週間も経たずに配送されたよう記憶しています。

 

プリペイドSIMなので、あらかじめチャージする必要がありますが、これはWeb上で簡単に行えますし、設定しておけばスマホからSMSを送付することでチャージが可能になります。旅行中に予定外の事態でチャージの減りが早くても、安心して使えます。

f:id:ol_miler:20170702182225p:plain

 

実際にiPhoneSIMカードを挿しておけば、ローミング対象国に入った時点でVodafoneから以下のようなメッセージが届き、定額制になることがわかります。

f:id:ol_miler:20170702183424j:plain

ちなみに、使いすぎて定額の量を超えると、これもまたメッセージで警告がきます。旅行中に地図を使ったり調べ物をしたりするくらいなら200MBあれば十分ですが、確かこの時はポケモンGoをやりすぎました。。。

f:id:ol_miler:20170702183523j:plain

 

今月また海外に行く予定なので、久しぶりにTop Up(チャージ)するついでに記事を書いてみました。もし、もっと利便性の良いSIMカードをご存知の方がいらしたら、教えて欲しいです。

星野リゾート界伊東へ週末旅行

ちょっと……というか数ヶ月前ですが、週末を利用して、伊東にある星野リゾートが経営する温泉宿ブランドである「界」に滞在してきました。

 

伊東は、東京から近すぎず遠すぎず、JRを利用してのアクセスも良く、週末旅行にぴったりです。伊豆にはいくつかお気に入りの宿がありますが、界伊東も程よく洗練された現代の温泉宿という感じで割と好きです。

 

東京駅から踊り子に乗って、伊東までのんびり2時間弱の旅。踊り子車内で早めのお昼ご飯として駅弁をいただきました。

f:id:ol_miler:20170628215901j:plain

 

伊東に到着後は、チェックインまでまだ少し時間があったので、商店街をブラブラ散策。「お湯かけ七福神めぐり」の名の通り、七福神が商店街に点在していて、湧き出ている温泉を掛けるようになっていました。

f:id:ol_miler:20170628220120j:plain

 

商店街からゆっくり10分ほど歩いて界伊東に到着すると、ロビーでお茶をいただきながら記帳して、お庭を眺めたりしていたら、チェックインの時間には少し早かったのですが部屋の準備ができているので……ということで、お部屋に案内してもらいました。

部屋の写真を撮るのを失念しましたが、主室12畳に次の間6畳という広いお部屋で、4人くらいは泊まれそうなお部屋でした。

 

星野リゾートといえば、どこに行っても「ご当地楽」が宿泊のお楽しみの一つ!私が訪れたときは伊豆の名産でもある椿油の絞り体験があり、ひとっ風呂浴びた後にさっそく参加することにしました。椿の種を絞り器にセットして、ギューギュー回して絞るのですが、なかなかどうして、すごーく力が要りました。

f:id:ol_miler:20170628221019j:plain

 

そうして絞った椿油は、ほんの少量ですが、お持ち帰りができます。素敵な手吹きのガラス瓶も販売しています。

f:id:ol_miler:20170628221159j:plain

 

お部屋でのんびりしていたら食事の時間になりました。界伊東は最近よくあるお食事処に移動して食べるスタイル。これは部屋食と好みが分かれる所かとは思いますが、私は部屋に臭いが残るので部屋食はあまり好きではありません。

 

地元の食材を上手に取り入れた、会席料理です。すり流しは、これまで行った星野リゾートの宿でかなりの頻度で見た気がします。。。ちなみに苦手食材も事前連絡していたものがチェックイン時に再確認あり、「できる限り対応いたします」と言いながら、十分すぎるほどに対応いただけました。

f:id:ol_miler:20170628221450j:plain

椿に見立てたデザート、ゼリーの上にレアチーズをのせたもの、が特に感動的でした。

f:id:ol_miler:20170628221906j:plain

 

星野リゾート界では、各地でオリジナルの風呂敷がもらえるのも嬉しい特典。ついつい色んな色を集めたくなってしまうのが人の性なので、これはうまい手だなーと思います。

f:id:ol_miler:20170628222922j:plain

 陸マイラーたるもの、国内の宿泊ももちろんマイルにすべく、予約は必ずハピタス経由で!個人的には割引クーポンが度々登場するdトラベルがオススメですが、るるぶトラベルやJTBにもプランの掲載があります。(dトラベルはJTBのシステムを使っているようなので、同じプランが載っている模様)

国内ツアー

SFC修行の可能性について考える

これまでずっとスターアライアンスマイレージユナイテッド航空マイレージプラスに貯めていたけど、これまでは格安航空券でも100%加算だったのが支払料金によって変動するようになって全然貯まらなくなって、今年からANAに乗り換えてみた。

 

ANAマイレージクラブの仕組みを検索していると、所々で「修行」という単語が目について、何のことだろう?と思っていたんだけど、どうやら上級会員を取るために用事もないのに飛行機に乗ってポイントを稼ぐことを指すらしい。

 

過去に何年かデルタの上級会員ステータスを持っていたので、ありがたみは知っていて、ANAでも取れれば都合良いなと思っていたところ、どうやらANAではブロンズ→プラチナ→ダイアモンドとレベルアップして、プラチナになった上でANAカードを発行すれば、カードを解約しない限り上級会員を維持できるようだ。

なにそれスゴイ!!

 

過去3年の自分の登場記録を振り返ってみると、

2014:北米×1、ヨーロッパ×1、国内×3

2015:北米×2、アジア×1、国内×6

2016:ヨーロッパ×1、アジア×2、国内×5

全部スターアライアンスに寄せれば、今までも毎年ブロンズくらいは達成できていたのでは?という感じだったので、今年もそう変わらないと踏んで、プラチナを目指してみることにしました!

 

プラチナステータスに達するにはプレミアムポイントというのを50,000ポイント貯める必要があって、だいたい修行の目安となるコストは50万円らしいのですが、目的もなしに飛行機に乗るほど酔狂な趣味は持ち合わせていないので、金額はあまり考えず、旅行したいところに行こうと思います。

 

と、ここまで書いたけど、実は今年はすでに終わっているものも含めて、北米×1、アジア×1、国内×5が予定されていて、修行というほどのものにはならない気がしてきた。あと1、2回週末の旅行か出張をすれば達成しちゃうような。

 

ま、うまく行ったら工程とか、旅行記とかを書いてみようかなーと思います。