三十路OLの陸海空マイラーな日々

関東某所で働くOLが旅行したりマイルを貯めたりするブログ

一人暮らしにオススメのふるさと納税返礼品

はじめに

近年そのお得さから注目を集めているふるさと納税

あまり注目されていない2012年から細々と続けてきたので、過去の失敗を踏まえて、一人暮らしの方向けにオススメの返礼品を集めてみました。

 

返礼品の条件 

一人暮らし向けの返礼品の条件は、食品の場合、

  1. 日常的に消費するものであること
  2. 大容量ではないこと
  3. 日持ちすること
  4. 同じ味ばかりではないこと

だと考えています。

 

過去には、「人気ランキング」を素直に信じて、米20kgを前に途方に暮れたり、賞味期限一週間のナマモノを前に途方に暮れたり、みかんにカビが生えたり・・・

「同じ轍は踏まない」と、気持ちを新たにリストアップしたものが、以下になります。

 飲料

まずは、条件1にふさわしい、日常的に飲む飲料。これは保存場所さえあれば条件2に反して大容量でも問題ありません。

お茶系のものを過去にいくつも試したところ、圧倒的オススメは静岡県牧之原市黒烏龍茶!!お茶どころならではの、すっきりして飲みやすい烏龍茶です。

【ふるさと納税】静岡産「黒烏龍茶ペットボトル」 500ml×48本セット

価格:10,000円
(2018/1/13 10:10時点)
感想(2件)

そして、飲料といえば、ビール!!わざわざ毎日コンビニで買うよりも、家までまとめて配送してもらえて楽チンです。個人的にプレミアムモルツが好きなのでリピートしています。 

【ふるさと納税】<日付指定OK>サントリー ザ・プレミアム・モルツ 350ml×1ケース (24本)SUNTORY

価格:10,000円
(2018/1/13 10:16時点)
感想(67件)

B436 【ふるさと納税】ザ・プレミアム・モルツ香るエール350ml×1ケース(24本)ビール

価格:10,000円
(2018/1/13 10:18時点)
感想(41件)

お米

さて、次はふるさと納税といえば定番のお米です。

が、一人暮らしに20kgも30kgも必要ありません。古くなったお米は美味しくないのです。

 そこで、2kgが真空パックになったこれ!!2つセットで、真空パックなので未開封の方は鮮度が保たれるのが良いです。そして、さらに、無洗米というのもポイント高いです。

【ふるさと納税】こだわりの《巧味》7年連続 特A「さがびより」無洗米【2kg×2 真空パック】(A34-O)

価格:5,000円
(2018/1/13 10:15時点)
感想(8件)

あと、炊いた米がない!という時に重宝するパックライス。常備してあると安心です。

【ふるさと納税】近畿大学農学部共同開発「金賞健康米使用無菌パックごはん」180g×24パックセット

価格:10,000円
(2018/1/13 10:14時点)
感想(0件)

おかず

ここからは、ちょっとしたおかずシリーズ。重要なのは、最初に書いた条件の2.3.4です。 つまり、少量で、日持ちして、味に変化のあるもの。

 

まずは、日本橋のコレど室町にも出店している鹿児島の「玖子貴」のさつま揚げ。ご飯のおかずにも、お酒のお供にも◎ 一ヶ月以上日持ちするのですが、美味しいのであっという間になくなります。

【ふるさと納税】これぞ鹿児島の味!さつま揚げ&黒豚の角煮詰合せセット【玖子貴】

価格:10,000円
(2018/1/13 10:20時点)
感想(0件)

次は、豚肉と鮭の酒蔵漬。一つずつパックになっているので使いやすさ抜群です。これ一つでメインのおかずが完成するのが嬉しいですね。

【ふるさと納税】酒蔵の街からの贈り物。吟匠の逸品 酒蔵漬(豚肉3枚、鮭2枚)

価格:10,000円
(2018/1/13 10:47時点)
感想(0件)

次は、大容量ではあるものの、真空パック冷凍なので保存に問題がない詰め合わせセット。2018年1月現在で、最短の発送日が2018年8月という脅威の人気っぷりです。

【ふるさと納税】参協味蕾豚満喫セット30年8月発送分 人気の一品

価格:10,000円
(2018/1/13 10:58時点)
感想(586件)

ラーメンも、3種類セットなら飽きることなく楽しめます。

【ふるさと納税】福岡といえば博多ラーメン 3種14食セット(豚骨ラーメン、みそラーメン、醤油ラーメン)

価格:10,000円
(2018/1/13 11:04時点)
感想(0件)

朝ごはん

ここからは朝ごはんに最適なもの。まずはやっぱりジャムでしょう!

【ふるさと納税】まるでスィーツ!JA全農おおいた厳選の生ジャム(8瓶)・通

価格:10,000円
(2018/1/13 11:06時点)
感想(1件)

【ふるさと納税】北條農園で採れた完熟手づくり 『果物ジャム 5種類6本おまかせセット』

価格:10,000円
(2018/1/13 11:07時点)
感想(0件)

そして、飲むヨーグルトと塩ヨーグルトのセットも、これまで2回リピートしましたが、すぐになくなってしまうほど美味しいものでした。

「道の駅たくみの里」のむヨーグルト(9本)&塩ヨーグルト(2個)のセット【ふるさと納税】

価格:8,000円
(2018/1/13 11:10時点)
感想(18件)

ふるさと納税楽天

ふるさと納税ができるWebサイトはいくつもありますが、まずは楽天で検索することをオススメします。いつもの買い物と同じように注文・決済できるので、わざわざ別のサイトで会員登録する手間もなく、またキャンペーン等を利用すればかなりオトクなポイントバックが見込めます。

 

楽天カードで決済すればさらにおまけのポイントが付くので、本来なら1年間で2,000円の自己負担額も、ポイントで賄えちゃいます。

ディズニークルーズに格安で行く裏技

f:id:ol_miler:20170207204104j:plain

ディズニークルーズ(Disney Cruise Line)といえば、ディズニーファンなら誰もが憧れる夢の客船!いつかは行ってみたいと思っている方も多いはず。

2017年2月現在、ディズニークルーズは4隻のクルーズ船を保有し、カリブ海を中心に運行しています。

 

これまでディズニークルーズを含めて10回近く海外クルーズ船への乗船経験から、お得に予約する方法をご紹介します。

 

まず、そもそも旅行の手配について、選択肢に挙げられるのは、

①添乗員さん付きのパッケージツアー

②航空券と(ホテルと)クルーズがセットになったパッケージツアー

③全部バラバラに自分で手配

の3つです。

すべて自分で…なんてハードルが高い!と思っても、飛行機とホテルとクルーズの3つを予約すれば良いだけです。

例えば、2017年5月18日に日本を出発してディズニードリーム号に乗船し、下船後にディズニーワールドでも2日ほど遊ぶようなプランを考えると、日程は、

5/18 日本→オーランドに移動 ホテル泊

5/19〜22 ディズニードリーム号に乗船

5/22〜24 ホテルに2泊

5/24〜25 オーランドから日本に移動

となります。

 

①の添乗員さん付きツアーだと、J○Bのツアーで438,000円、ここにさらに空港所税、空港使用料、政府関連諸税のトータル3万円程度が付加されます。

海外旅行

②の添乗員なしのツアーだと、H○S系列のクルーズプ○ネットで、318,000円、これも同じく諸税3万円程度が付加されます。 

さて、いよいよ本題です。

③すべて自分で手配する場合、航空券、ホテル、クルーズをそれぞれ検索してみます。

まず航空券について、トラベルコちゃん(http://www.tour.ne.jp)を使って空席ありの最安値を探してみると、諸税込みで75,320円。

f:id:ol_miler:20170207193718p:plain

 

次にホテルは、UNDERCOVER TOURIST(https://www.undercovertourist.com)という米国のディズニー専門旅行会社で検索すると、ディズニーワールドの公式ホテルが一泊100ドル/室くらいから見つかります。

f:id:ol_miler:20170207195050p:plain

 

最後にクルーズは、VacationsToGoという米国のクルーズ専用旅行会社で検索します。ここは価格を見るのにアドレスの登録が必要です。一番安い部屋で733ドル/人、ただし政府関係税は含まないとの注意書きがあります。

f:id:ol_miler:20170207195630p:plain

f:id:ol_miler:20170207195649p:plain

ドル建てだとよくわからないので、今日のTTM(111.75)を丸めて112円で円換算して、ホテル3泊分=100×3÷2×112=16,800円、クルーズ=733×112=82,096円

全部で75,320+16,800+82,096=174,216円

 

なんと、添乗員さん付きのツアーの半額以下になっちゃいます。

 

ホテルとクルーズについて、米国の旅行会社に、英語で申し込みするなんてハードルが高いし、何かあったら困る…と思った方、ここからが本番です。

米国ディズニーを専門に取り扱う、日本人向けの旅行会社であるミッキーネットの、BESTプライスマッチを利用します。

 

ミッキーネットは、米国の会社でありながら、社員全員が英語と日本語のバイリンガルということで、日本語で予約ができるのですが、ミッキーネットの見積もりが他社より高ければ、その他社の価格に合わせるといううサービスがあります。

そこで、先ほど上記で検索した結果をお伝えすれば良いのです♪

 

もちろんミッキーネットを使わずにそのままUNDERCOVER TOURISTやVacationToGoで予約しても問題ありません。

 

ディズニークルーズはあまり極端なディスカウントがありませんが、他のクルーズ会社では出発直前になるとLast Minutsというもってけ泥棒価格が出るので、VacationToGoやCruise.comのような海外のクルーズサイトで色々と検索してみると楽しいです。

 

それでもやっぱり自分で手配するのは色々不安・・・パンフレットを見たい・・・飛行機もホテルもクルーズもまとめて全部手配したい、という方には、オーバーシーズトラベルがオススメです。下のバナーから資料請求すれば、ディズニークルーズのパンフレットがもらえます! 

 

 

航空券を買うのではなくマイルを貯めて特典航空券を発券すればさらに節約!普段の生活を工夫することで飛行機に乗らずにマイルが貯められます♪

ol-miler.hatenadiary.jp

  

Disney Cruiseの計画

過去に二度ディズニークルーズに行ったけど、いつ、どの航路に行こうかは結構迷うところだったので、書き出してみた。

f:id:ol_miler:20170207204104j:plain

ざっくり、一年の配船はだいたい下のような感じ。もちろん多少の変化はあるけども。

通年:バハマ3泊、バハマ4泊

夏:北欧7泊、西欧7泊、アラスカ7泊

冬:メキシカンリビエラ3泊〜7泊、東カリブ海3泊〜7泊、西カリブ海3泊〜7泊

 

私は平日の月から金の連続5営業日をお休みできるので、前後の土日を入れて土曜日から翌日曜までの9日間で行けるところに限られる。そうなると、日本から出港地までの飛行機の時間を考えると、ヨーロッパなら日曜から土曜の間のクルーズ、北米なら土曜から金曜の間のクルーズが候補になる。

ちなみに、月曜が休みの三連休のところに合わせたり、金曜の深夜便を利用したりできれば、もう少し滞在時間が伸ばせて選択肢は広がる。

 

ものすごくディズニーフリークな人じゃなければ(そもそもディズニークルーズに行こうとするなんて相当なディズニーフリークだろうというう説はあるが)、夏の地中海周辺は寄港地が盛りだくさんで船内で過ごす時間が少ないから船を楽しみたいなら物足りないし、アラスカはグレーシャーベイに入れるプリンセスやホーランドアメリカラインの方が良い。

 

ということで、焦点はバハマカリブ海クルーズに!

どうせディズニークルーズに乗るなら、前後にディズニーワールドにも行きたいよね?となり、ポートカナベラル発着のバハマ3泊かバハマ4泊が現実的な案となる。

なお、私はドリーム号とワンダー号で、バハマ3泊と4泊にそれぞれ行ったけど、やはりより大きいドリーム号で、終日航海日がある4泊の方がオススメ。 

 

ドリーム号は月曜から4泊のクルーズがあるので、

土曜:午前に日本を出発し、米国内で一度乗り継いで、同日午後にオーランドへ。元気があればパークへGO!

日曜:Walt Disney Worldの好きなパークで遊ぶ

月曜から金曜:クルーズを楽しむ

金曜:下船後もパークへGO!

土曜:オーランドから米国内で一度乗り継いで、日曜に日本へ帰国

というスケジュールが可能です。

 

ディズニークルーズへは、オーバーシーズトラベルがおすすめです。

まずは以下のリンクから資料請求!! 

香港行き特典航空券を発券

貯めたマイルを有効活用のため、香港行きの特典航空券を発券しました。

最近、特典航空券が取りにくくなったという話を耳にしますが、年末年始やお盆/GWといった大型連休を避ければ、以前と特に差はないような気がしています。個人的にはそんな時期には旅行に行かないので、あまり関係ありません。

 

さて、今回は土日+αで行けるところということで、香港に狙いを定めました。

特典カレンダーを使って検索すると、幾つかルートが出てきます。せっかくマイル活用なので、ビジネスクラスを狙ってみます。

f:id:ol_miler:20180103212334p:plain

 

香港は東京(羽田+成田)から直行便をたくさん飛んでいるし、大阪経由も検索結果に出てくるので、時間に余裕があれば乗り継ぎうまく活用して、大阪で夕ご飯を楽しむのも一つの手かもしれません。

f:id:ol_miler:20180103212613p:plain

 

さて、大阪経由も良いなと思いつつ、そんなに時間がたっぷりあるわけではないので、結局以下のルートで発券となりました。

f:id:ol_miler:20180103212813p:plain

 

お支払いは35,000マイルと、燃油サーチャージなどの諸経費10,310円でした。

ちなみにマイルを使わずに普通に買うと、一番安いValue Plusでも以下の通りで141,000円+10,310円=151,310円となっています。

f:id:ol_miler:20180103213320p:plain

ということは、今回のマイル単価(1マイルあたりの価値)は、141,000÷35,000=4.028・・・およそ4円ということになりました!!

北米線や欧州線ほどのお得さはありませんが、十分に価値あるマイルの活用ですね!

 

陸マイラー活動で貯めたマイルも20万マイル近く貯まっているので、今年はこの調子でマイルを有効活用した旅行を続けたいと思います。

 

ol-miler.hatenadiary.jp

 

 

 

シンガポール バンヤンツリースパ

シンガポールはスパ天国!ホテルスパから街スパまで、値段もピンからキリまで色々あります。

そんな数あるスパの中から、バンヤンツリースパを予約して行ってきました。

 

予約はホームページから、または電話で。私は聞きたい点があったので、電話で予約をしました。

f:id:ol_miler:20171217105026j:image

バンヤンツリースパは、皆さんご存知の、マリーナベイサンズの55階にあります。 

f:id:ol_miler:20171217104658j:image

 エレベーターで55階まであがると、受付があり、お茶を飲みながら少し待つことになりました。

f:id:ol_miler:20171217105133j:image

 施術を受ける部屋の中にシャワールームも完備されていて、ほかのお客さんと遭遇することがないようなつくりになっています。

シャワールームには基礎化粧品もあり、フェイシャルのために化粧を全部落としても安心です。

f:id:ol_miler:20171217105235j:imagef:id:ol_miler:20171217104759j:image

 スパ施術後は、お茶とフルーツでゆっくりできます。全面ガラス張りの明るい部屋で、開放感があって、これぞ非日常という感じです。

f:id:ol_miler:20171217105425j:image

 55階からの眺めは最高です!

どうやら、あのプールの下に位置するようでした。

f:id:ol_miler:20171217105508j:image

 

ちなみにお値段は……割とお高めですが、ホテルスパとしては妥当な値段です。

たまにはこういう贅沢も良いですね。

グローブトロッターのクリスマスカード ②

先日アップしたグローブトロッターのクリスマスカード、過去分もアップしてみます。どれもモノクロに映える赤色のサンタさんとグローブトロッター。素敵です。

 

ol-miler.hatenadiary.jp

 

f:id:ol_miler:20171207192443j:plain

f:id:ol_miler:20171207192526j:plain

f:id:ol_miler:20171207192544j:plain


f:id:ol_miler:20171207192638j:image

f:id:ol_miler:20171207192648j:image

f:id:ol_miler:20171207192656j:image

今年のクリスマスは貯めたマイルを活用して海外で過ごすことになりました。

もちろん相棒はグローブトロッターのスーツケースです♪

 

ol-miler.hatenadiary.jp

 

【宿泊記】クラウンプラザホテルチャンギエアポート

先日シンガポールに行った際、現地到着が夜中になってしまう便だったので、空港直結のCrown Plaza Hotel Changi Airportに一泊しました。

空港直結とはいえ、入国審査をして、荷物をピックアップして、ターミナル内を5分以上は歩いたと思います。広い空港の中なので仕方がないですね。

f:id:ol_miler:20171217104442j:image

部屋の中は、二人で泊まるには可もなく不可もなく、必要なアメニティは全て揃っていて、最低限の化粧品さえ持っていけば手ぶらでの宿泊でも問題ないと感じました。

写真には撮っていませんが、「日中ご自由にお使いください」というスマホが一台置いてあり、滞在が数日でSIMカードを買うほどではないという時には便利だと思います。最近アジアのホテルで増えてる気がしますね。f:id:ol_miler:20171217104506j:image

バスルームは、小洒落たホテルにありがちな、部屋からシースルー方式。

もちろんシェードを閉めれば目隠しされるので、恥ずかしがる間柄の人と一緒でも特段問題ありません。

壁は、シンガポールらしく、オーキッドの絵が描かれています。

f:id:ol_miler:20171217111408j:image

 壁には一面のクローゼットがあり、収納は十分。

スーツケースを広げるのも申し分ない広さです。

これは18インチのグローブトロッターですが、もっと大きなサイズでも全く問題ないスペースでした。

 

f:id:ol_miler:20171217104538j:image

朝起きて窓の外を見ると、プールでした。

朝早くから泳いだり、プールサイドでくつろいでいる人もちらほら。

なんとも贅沢な一日の始まりですね。

 

 

このホテル、だいたい一泊2.5から3万円くらいなので、気軽に泊まる感じではないですが、夜便で着いて市街地まで移動する手間を考えると、今後も選択肢に入ってくること間違いないです。